さ迷い歩くのは、


グラウディングできていないから。



グラウディングって 地に足をつけること。




地に足をつけた考え方ができないから、さ迷い歩くのです。


地に足をつけた考え方って物質主義とも違うのです。




グラウディングワークをして
グラウディングコードが地球に繋がると


身体がドシッとして、腹が据わる状態になるのです。



そうなると 自然と、自分の考え方もどっしりした考え方になります。



湧いてくる考えや言葉が変わるのです。



自分のことしか考えられなかったのに、客観的に物事を考えられるようになり 相手の立場を思いやる言葉が出るようになります。



グラウディングワークをするだけでわき上がる感情が変わるのです。



たまには 怒りが出てくるときもあります。

だけど、わざわざ人に言ったりしないのです。

だまっていられます。



また、人のことが気にならなくなる。。。と言われますが
それは 意識がそこにないから。




グラウディング出来ているということは


意識はそこにあるのです。


意識はそこにありながら、許していられるのです。

いつも、『いいよ』と言って 笑っていられるのです。