執着していることやこだわりを手放す。


感謝して手放す。



今まで、負の感情だった執着やこだわりが
感謝をすることで 光りに変わる。


光りに変わることで 手放した、と言われるけれど 実際には 光りとなって、自分を守ってくれる存在になるのです。



遥か彼方に行ってしまうわけではなくて

光りとなって、そばで見守ってくれる存在になるのです。



感情とは、エネルギーです。


だから、負の感情があるとなげくのではなくて
光り予備軍があると思えばいいんじゃないのかなあ〜



いずれは 光りになって、自分自身を守ってくれる存在になる執着やこだわりはありがたい存在といえるでしょう。




だから、どんな感情にもありがとうですね。