人の幸せを願う行動が起こせること、、、って グラウディングができていないとできないことなのです。



人の幸せを願う行動って
人の気持ちがわからないとできないことなのです。




ノー天気でいるのと、安定感、安心感、充足感で満たされていることは 違うのです。



ノー天気でいることは、意識がここにない、地に足がういていない状態で

安心感、安定感、充足感 とは違うのです。



わたしが仙人生活をしている時は
今思えば、ただのノー天気人間でした。



人に迷惑をかけていることすらも気づけないでいました。


だから、わかるのです。



人のためになりたいと生まれてきたのなら、地に足をつけて生きることですし

相手を思いやる、相手の立場になって考えることは
相手の気持ちを思いはかり、意識を相手に向けることです。



相手に意識を向けていたなら
言っていいこと、悪いことの知り分別がつくはずですし
相手の気持ちを害する行動はしないと思います。



グラウディングできている人は そこのところがきちんとできています。


つまるところ、ソコなのです。



人は
安定感、安心感、充足感を得るために生きているのではなくて、


それを得て、相手の立場になって考える、行動するために 生かされているのだと思うのです。




内観を深めていくと、心が満たされていき、謙虚さが出てきます。



謙虚になって、行動することが わたしたちの生きる使命なのではないでしょうか。




自分本来の姿を思い出し、行動していけるようになるといいですね。