お金がないと幸せになれないと思っている人は、お金があると安心する。

お金がないと幸せになれないと思っている人は、いくら 精神的豊かさを獲得しても癒されない。



本来なら、お金による豊かさよりも精神的豊かさのほうが幸せになれるとわたしは思うのですが そうではないようです。


心の中に、欠片でも お金に困らない生活がしたいという想いがある人は、いくら大好きな人と一緒に暮らしていたって 精神的に豊かさになったと言っていたとしても 根本的な 『お金に困らない生活をしたい』という想いが癒されないと 真に癒されない。


だから、人は お金持ちになりたいと思うのかもしれない。



精神的豊かさを獲得すると お金もついてくるものなのです。


だけど スピリチュアルにかぶれている人は 『お金』を毛嫌いする傾向があります。


お金のいらない生活になる


と言われていますが



お金はエネルギーです。

エネルギーのない生活はあり得ないのです。


お金が違うものに変わるというだけなのです。


お金が欲しい

というのは、心豊かな生活をしたい という表れであり、それは 誰もが望むことなのです。




だから

まずは お金という豊かなエネルギーを得て、まず 安心して 精神的豊かさを得ていくことが望ましいと思うのです。



幸せだけど、あとはお金だけ って言われる人がいらっしゃいますが そのような方は 幸せではないのです。


幸せだと 勘違いしているだけなのです。


本当に、精神的に豊かになると まずは、お金が入ってきます。


何をしなくても、入ってくるのです。


その生活の安定があって、心豊かになっていくのです。


だから
お金が欲しい、お金持ちになりたいというのは、当たり前のことなんですよ。



本当に豊かでないのに、奉仕はできないのです。


人の役に立つ人間になるために、豊かになるのです。



豊かさは、人のためになる人間になるために得られるのです。