子供を3人抱えていて、年収100万円にも満たない生活をしていると
一般的に 幸せになりたい!と思うらしいです。


お金がないのに、子供がいる。


という価値観に縛られているからです。


でも、お金はないけど、子供がいる。


という価値観に変わると、


子供がいるだけで楽しくて笑顔になります。


笑顔を振りまくと、周りが陽気になります。


すると その笑顔に癒された人が 食料を与えてくれます。


すると ありがたいと感謝をします。


ここで、お金がないから恵んでもらっているんだ。。。という卑屈な気持ちにはなりません。


ありがたい、ありがたいと感謝を振りまきますから、もっともっと 物質的に豊かになります。


こうやって、お金がなくても お金に代わる何かが与えられて より、幸せを感じるようになります。


だから


『ない』 と感じるのではなくて

『ある』と感じるだけで 幸せを感じ続けます。



これが お金のいらない世界になる仕組みです。



簡単に書きましたが、こういうことです。


誰もが

『ない』と思い込むのではなくて
『ある』と気づくだけで 幸せになれるのです。




都会の生活に疲れて、田舎暮らしをしたいと都会を離れて、田舎に引越し 自給自足の生活をする人も増えてきているようですが
自分が自ら、場所を移動しなくても
自分の意識を変えるだけで、幸せになれるのです。



今居る場所で 幸せになろうとするほうがリスクは少なくてすみますね。



今居る場所を変えたとしても
意識を変えなければ、同じだと思います。




今居る現状に、満足できなければ 何をやってもどこに行っても同じです。



今居る現状に満足する

今の環境に感謝をする



それだけです。



今抱えている不満は何ですか?


何かがない、何かが足りない 不満ではないですか?



『ある』ことに満足する生活をするだけで、幸せに暮らせるのです。



この身があってありがたい。


誰とでもお話ができるし、抱きしめあえるし、キスもできる。

愛する人に駆け寄ることもできる。




この身体が愛しくて愛しくてたまらないです。




生かされていてありがたいと思います。




いつもありがとうございます。