今、この地球に生きて どうやって日本に生きて、どうやって社会貢献をしていくかを知ることは大切なことだと思います。


自覚ができると、生きる目的ができます。


その時、偶然に病に侵されていたとしても
病との関係性がわかれば、恐れはなくなります。



人は病になるために生まれてくるのではなくて
社会に貢献するために生まれてくるのです。


すべては意味があることなんだ。

偶然はない、必然なんだと言われますが、 その言葉に踊らされていませんか?


必然だから、何を気付かせるために病になったのだろう? と考えるのは結構ですが 人それぞれ 意味が違うのです。



先日、視させていただいた方の病は 重しでした。

病がないと、どこまでも飛んでいってしまう習性の魂なので グラウディングとして病があるのでした。


彼女は それまで、いつ死ぬかの恐怖におののいた生活をしていたのですが 『いや、死なない』


それだけ、ご先祖様にも守られて、天使も周りに張り付いていて、死ぬわけがない。。。


病さんも恐れられたものです。。。



このように、病は重し、グラウディングさせるために つけられている方もみられます。


死なない です。


死なせない。


そこまで 立派な使命があり、ご先祖様にも守られて 死ぬわけがないのです。



だからね

病も生きるためのちょっとしたアイテム♪です。



病に怖がらなくてもいいです。



病があるから、向き合うべき感情があるのだ!
と、考えなくても結構です〜



いろんな理由で病になるものですね♪