昔のお医者さまは、のどがいたい、熱がある というと、風邪ですね と言ってお薬を出してくれて それを飲んで 休んでいれば 治っていました。


だけど 最近の患者さんは知恵?がついてきて 風邪ですね と言われても 信用しずに あちこち 医者を代わり 違う病を探します。



あれこれと 言う人が増えたので、患者さんは 素人判断をしたがります。



症状をネットで調べて、あーでもない、こーでもないと 要らない心配をします。



そうやって 病をつくっていきます。



素直じゃない人が増えたのです。


その道のプロでもないのに、知ったかぶりする人が増えたのです。



昨夜、娘がのどが痛いというので ずっと、ヒーリングをしていました。


足裏から流すのですが、何か感じる?と聞くと


手をそんだけ当てとれば、熱気で熱くなる。


そんなことをのたまう娘です。。。



寝る前には、のどは良くなったのですが、今朝はまだ痛いというので おにぎりを持たせました。


熱はないです。


駅まで送る途中、


情報♪と上から言われました。



そっかそっか


娘ののどが痛くなったのは、


今日は、喋りすぎるといけないよ との戒めのための喉痛だとわかりました。

口は災いのもと です。

今週の娘は 口は災いのもと で 人間関係が良くない方向にいきやすくなるというので 喉痛を起こした とのことでした。



娘、納得です。



喉が痛いからと 恐怖するのではなくて

喋りすぎるなってことね〜

と、わかったので 笑顔で学校に行きました。




みなさんも 情報に惑わされずに、過ごしてくださいね♪




恐れを呼ぶものは、選択しないで〜す♪