世界中のすべての人々、あらゆる物事に、

その対象がそれにふさわしいか否かに関わらず、
わたしの愛を注ぎ続ける。




それが わたしの生きる道。



ツインフレームの魂として生きるということ。




分離の痛みを知っている分だけ、人に優しくなれる。


分離の痛みを知っている分だけ、人に寄り添うことができる。


離れていた時期の寂しさを思い出すから、人とわかりあえる。



それが ツインフレームの魂。