自分が信じているものがあるのは構わないが、
人が信じているものを否定してはいけない。



人の信じているものを否定するということは、
その人を否定する行為であり
認めていない、受け入れていない ということで
愛がない。



また、人を否定するということは
人が作り出している世界に介入することになるのです。



これは もっとも やってはいけないことです。


各々には、各々の世界がある。


自分の世界がある。



それを認める世界が地球です。


みんなを認め、受け入れて生きるために この地球に来ているのです。