愛とは、自由を与えること

だそうな♪



言われてみれば、そうだ。


わたしは 自由を与えてられている。



でも その自由というのは、神様との約束を守ってこそなんだ。



わたしがどうして

何をしても許されているかといったら

決して、神様に背いたことはしないからなんだよ。



神様との信頼、
魂との信頼 があるから、許されているんだ。




魂の自由意思というのは、魂との信頼関係ができているという前提で言われていることで
魂との信頼関係ができていない時には その限りではない ということだな。


だから

愛とは 信頼関係が前提にある上で自由を与えることなのだと思います。



だから

わたしは


愛とは

信頼すること。

守ること。

抱きしめること。



なのだと思うし、実感しています。


まあ、わたしの窮屈な愛をどうぞ♪って感じかしら〜



さっきも 娘をヒーリングしていたら、


お母さんは電気クラゲみたいだ〜 だと(:_;)




坊主と言われたり電気クラゲと言われたり さんざんなわたしです。