人の役に立とうとする前に敬う心を持ちましょう。



人は、誰かに助けてもらうと 次は自分がしてあげたいと思うようですが、
助けてもらっても十分に感謝のない人が多いですね。 



人の役に立ちたい気持ちはわかりますが、 
十分に感謝をしていないのに、人の役に立とうというのは、思い上がりも甚だしいものです。 


人の役に立とうと思うのは、十分に感謝できて敬う心が育ってからです。 



マトモに感謝出来ない人が何ができるの?


謙虚さを知らない人が何ができるの? 




人にお世話になったにもかかわらず、御礼もそこそこで、人のために働きたいとかお返ししたいとか。。。 


そんなココロモチだから繰り返すのです。 



感謝することを軽んじている人が多すぎます。 



ありがとうございますと頭を下げるのは基本的なことです。 


感謝を形にするというのは、人に与えることだけではなくて 自分の身を正して生きることです。 


まずは、自分の身を正して生きることで 感謝をあらわすことになるのです。 


身を正してこそ、人のお役に立てるのです。 



与える人間になって優越感にひたりたいですか? 


そうではないはずです。 

何も与えることをしなくても、笑顔で、皆に 謙虚に接しているだけで十分に感謝をあらわすことができることを知ってください。 



人に奉仕をすることと感謝して受け取ること、どちらを優先すべきかは、感謝して受け取ることの方なのです。 



なぜなら 

感謝して受け取るということは、お世話になった方に素直に誠実になることだからです。 


人よりも秀でたいとか自分から与えたいと思うことは悪いということではありませんが まずは、人にお世話になったのなら、礼儀を尽くして感謝することが先決です。 


そして 次に、現在の報告をして、お世話になった方に安心していただくのです。 


そして 生活が整ったのちには また、報告をさせて頂いたり、ご相談をさせて頂いて 人間関係を築いていくのです。


便りのないのは元気な証拠というのは、皮肉で、
便りのないのは、気がない証拠です。 


感謝を忘れた証拠です。


そして、また、自分勝手に事を始めると失敗します。 


相談するという、人に意見を聞くことをしないからです。 


よく失敗する人は、人に意見を聞かずに、ひとりで勝手に事を進める傾向があります。 


自分勝手で相談しない人です。 



このように 人に感謝して 自分の身を正して、お礼を述べる。
そして 近況報告をして、これからの相談をしたならば、悪いことは そうそう起こらないはずです。 


自分勝手に事を進めるから、トラブル発生するのです。 


人とトラブル起こす人は 自分勝手だからです。 



トラブル起こしてから、泣いたり悩んだりするよりも 素直に人に相談すればよいのです。



結局、人に相談させていただくという謙虚さや素直さがない人は、感謝がないから 人とトラブルを起こしやすいのです。 


そのような人が 人の役に立ちたいと自分勝手に行動を起こしたところで トラブルの元になるのです。 



だから、人の役に立とうとする前に感謝しなさいと言うのです。



心の中に素直さのない人は 外側に敵をつくります。 



人の役に立とうと思うならば、まずは 素直に謙虚に、敬う心を育てることなのです。