最近、ちまたで『向き合う』という言葉をよく耳にします。


『向き合う』ってなんですか?


目の前のことに『向き合う』。。。 いや、ちがいます。
目の前のことには、『取り組む』のです。



目の前の人に『向き合う』。。。。 これも、違う。
目の前の人に誠意を持って接する。




『向き合う』対象となるのは、 自分の感情です。


目の前のこと、目の前にいる人 に対する 自分の感情に向き合うのです。




自分の感情に向き合うから、乗り越えられるのです。



どんな物事に対しても、感情が出てくるはずです。

うれしいなあ
楽しいなあ
嫌だなあ
辛いなあ



そんな感情の中で負の感情を感じなくさせていけば喜びに変わります。



それが、乗り越えるということです。




辛さが楽しみに変わった時に 人は、乗り越えたと言えるのです。