だからね


親と向き合うとか子供と向き合うとか
よく、言われるじゃないですか?



それは 自分の親に対しての感情と向き合いなさいよ と言っているだけで 親に自分の感情を言ってください と言っているわけではないのです。



その感情が何故、出てくるのかを深く掘り下げるのです。



また、例えばお掃除することが嫌いな人がいたとする。


お掃除と向き合うのではなくて
その『掃除をすることが嫌いだ』という感情と向き合う、すなわち深く掘り下げていくのです。


すると、原因がわかるはずです。


何が現実で掃除嫌いになったのか。。。


トラウマ探しです♪




根性がない人って、最初から根性なしじゃないのです。


生きているうちになってしまうものなのです。


現実を探ることが大切です。


育てられ方でもあります。


でも、原因がわかると、乗り越えられるものなんですよ♪




ほんと、みなさん 知らずに、『向き合う』って言葉をよく使っていますが

向き合い方がわからないから、間違えて 使っているのだと思います。