人生に迷っているのなら

辛い感情よりも

そんな中でも 自分は誰に支えられてきたかを考えてみるのです。


そして その人のお役に立てることを考えていくのです。


そうすることによって、宇宙からのご加護がいただけるのです。


人生はそれからです。


親孝行は居なくなってからでは出来ないのです。

また、支えられてきたのは親ではない方もいるでしょう。


友人、先輩、先生、上司、パートナー。。。


その人たちに喜んでいただくためには 何をしたらよいのでしょうか?


どう接するべきでしょうか?


支えていただいた方のお役に立つためにはどう生きたらよいのでしょうか?


それには まず、計画性を持つことです。


そして、実行するのです。


忍耐も必要となるかもしれません。


だけど 喜ぶ顔が見たいのならできるはずです。



それが あなたの生きる目的になるのです。




また、子育てする基本にもしてくださいね。


これを 教えていけば、まっすぐに育ちますよ。


子供は親を敬い、 親は子供を守るのです。

義務教育の基本でもあります。