記事を書いていて、なぜか脱線してしまい 私事になってしまいました^^


愛の循環


これは、難しく考えることでもなくて ただ、その時の自分の喜びを伝えるだけなのです。


自分の知ってる人、自分が興味がある人、自分に興味を持ってくれている人以外にも 目を向けて、その愛を伝え、配るのです。



道行く人に、挨拶をすることと同じです。



しかし 人は友人や自分の知ってる人にしか声をかけたりしないのは、何故でしょうか?



それだけでも 自分を制限していることになるのです。



人からの評価を気にし過ぎてしまうからではないでしょうか?



愛のエネルギーを満たす。。。とか 見えない世界のことばかりを考えていないで 実際に、直接手渡しで出来ることをしたらどうですか?



自分のヒーリングのエネルギーで世の中を満たすの。。。と言っていないでも 自分が自ら、握手をしにいけば良いだけです。


また、自分に興味のある人だけに無料で配りますって セコくないですか?



自分のエネルギー、自分のあるものを どうして制限して 届けようとするのでしょうか?



あなたは何者ですか?


偉大な人は、そんなことはしないはずです。



結局、人間は自分を何様だと評価されたいがために、自分を制限する。


それを悪いといっているわけではありません。



そんな自分を知りなさいと言っているのです。




自分がやっていることは 最良最善だと思っている。。。


そんな自分の愚かさを知ることが自分を高めることでもあるのです。




常に、上を観て 自分を発揮したいと努力をすることで 自分も人も豊かになれるのです。




何か大きな事をしていなくても 道行く人に笑顔で挨拶ができる人に わたしは惹かれます。





そんな方に出逢ったら、わたしは後にも先にもネギを背負って出掛けます^^



わたしはカモです〜♪