物事の道理というものがあります。


それが わかっている人は、自分がそれに合わせようと努力します。


しなければいけないと努力します。


それはそれで良いのですが、
無理をする人がいます。

すると 無理がたたってできなくなります。



一方
努力しなくても できる人がいます。


軽々と出来る人は、意識が高いので 努力しなくても出来るのです。



このように 物事の道理というものは 努力して出来る人と軽々と出来る人に分かれます。




物事の道理をわかっていない人は わかっていないから元々、できませんし しようとも努力も致しません。



このように 同じ人間でありながら分かれるのです。



これは その人の持つ意識レベルの問題です。



ですので 優劣で判断出来ることではありません。



しかし

元々、わかっていない人に対して出来る人は 責める場合もあります。



そんなときは、優しく教えてあげてください。



それが 思いやりです。



人を責めずに 教えてあげることです。



意識レベルの高低は、優劣をつけるものではないのです。




それも 意識レベルが上がってくると わかってくることです。