花を咲かせるには、

まず、大地の役目を求められます。


大地を耕して、土壌を良くするのです。

水分もたっぷり与えて、栄養もたっぷり与えなければいけません。

太陽の陽も浴びるのです。



そうやって 土壌を良くしてから 種を蒔きます。


種を蒔くと芽が出てきます。


太陽の陽を浴びて、水分もたっぷり与えて、光合成を盛んに行います。


すくすくと伸びます。


栄養や陽を浴びるほど、しっかりとした根っこや茎になります。


線が通って、軸もしっかりしていないといけません。



そうやって すくすくと育ってから、花は開くのです。



人生の花を開くのも同じことです。


根っこがあって、土壌が安定して 茎がまっすぐに伸びて、軸があること。


それがあって、花が開くのです。




それが 花の咲かせ方です。