その時のココロモチ、気分って コロコロ変わる人もいるよね?



終始、穏やかでいる人もいれば 怒りっぽい人もいるし 浮き沈みが激しい人もいる。。。



浮き沈みが激しい時は 落ち着いて物事が考えられなくてイライラしたり塞ぎ込んだりもすると思うのです。


原因がわかっていてもわからなくても 直らないの。


原因がわかったところで そこと向き合わない限りは直らないのです。



そんな時は、気を紛らしたり ストレス発散なりをして 気分転換することは、とても良いと思います。

だけど、原因が解決できない限りは そこから抜け出せないのです。



原因を解決するためには、そこと向き合うことは大切ですが 向き合えない時もあります。



それは 『我慢』が原因がだと思いませんか?



我慢をやめれば すんなり解決できてしまうのではないでしょうか?



思い遣りと称した気遣いや我慢をしている人って多いと思います。


我慢をしているから

その時のココロモチや気分がコロコロ変わったり、 怒りっぽくて、また 浮き沈みが激しくなる。

浮き沈みが激しくて 落ち着いて物事が考えられなくてイライラしたり塞ぎ込んだりもする。



わかっていても直せない。


相手が怖いから直せない。

変わってしまう自分が怖いから直せない。

相手を想うから直せない。


理由はさまざまです。


『我慢』から抜け出せない原因はさまざまだと思います。


でもね、


我慢って悪いものではないのです。


それは、その奥には愛が隠されているからです。





わたしが歩んできた道は平坦なものではありませんでした。


我慢もたくさんしてきました。


でもね、我慢って魂が自分に課していることでもあるのです。


そこ!わかる方は少ないと思います。


我慢してでも得たいものがある。


魂はそう導くものです。


『我慢は良くないもの』という最近流行りのラベルに囚われないでください。


自分が我慢をしているのではなく
魂に我慢させられている。



わたしは魂を視ますので、そのような解釈になります。



何故、我慢しているのか気遣うのか。。。


その先に、魂の秘められた想いがあります。



魂の目的のためです。




わたしが 今まで生きてきて、そう実感しているのです。


我慢してきてよかった!と思うのです。


我慢って忍耐力です。



我慢って目的があればできるものです。


目的がわからないから我慢ができないのです。



我慢の先に目的がある。
必ず、ある。

そう断言して、わたしは進んできました。


わたしが証明です♪



進む先がわからないから、我慢が嫌になるのではないですか?


本来、我慢は楽しい♪ものです。



我慢すると一本、筋が通りますね。


だから、先がわからなくても 進むことができるのです。




今、あなたは 何か、我慢をしていることはありますか?



その先には、必ず 輝く未来があります。



わたしが証明です。