誰にでも言えることかもしれないですが、



悲しんでいる時って自分しか見えていないです。



だけど ひと度、立ち上がり前を見ると

悲しんでいる人を見つけて お世話をしたくなります。




それって

自分が幸せだと気付かせるために

悲しんでいる人がいてくれるだけで

助けてほしいから、目の前で悲しんでいるわけではないのです。




人は 人の役に立つために生まれてくると言われます。


その理由は 人に直接的に働きかけて役に立ちたいと言っているワケではなくて、自分が幸せであることこそが 人の役に立つことなんだと説いているのです。



そのことを知らない人が多いです。




自分の幸せこそが人の役に立つことになるのです。



自分が幸せであれば
周りが幸せになるのです。



それが ワンネスです。



一見、自分本意に見える生き方ですが それがワンネスに繋がる、人の役に立つ方法なのです。