何かの仕事に打ち込む姿は美しいと思う。


それを見て、自分もそうなりたいと思う気持ちもわかる。



だけど それを見て、羨ましいと感じたり 自分を卑下してしまうのは、違うと思う。



人にはそれぞれ役割があるからだ。




何もしていなくても気楽に笑顔を振りまいているそんな役割もある。


わざわざ、人から認められるような仕事をすることがすべてではないし、


あち〜っと言いながらうちわであぶっていたり

んまっ て言いながら、アイスクリームを食べていたり

熱いコーヒーを急いで飲んで あちちって 舌をヤケドしちゃったり


そんな気楽な生活を楽しみながら笑顔を振りまいている役割もあるのです。



大切なことは
自分の行いに誇りを持つことです。



誇りを持って生きることは、威張ることでもなく、自分を大きくみせることでもない。

自分そのものを認めている姿なんだよ。


時には感情に負けてしまうかもしれない。


そんな時でも自分に誇りがあれば、その感情をのみこめるんだ。


どんな自分でも良いんだ。



わたしは何もしていないから。。。と、謙遜される方もいるけれど
あなたの笑顔で癒されている人もいるのです。



自分の生き方に誇りを持ってください。



それだけで 人は輝くことができるのです。