今のわたしは、苦しみの渦中に居る人を見守る立場です。



渦中に居る人も苦しいけど、見守るのも苦しいです。



わたしが采配をふるうこともあるからです。



これからの未来を見据えて、また 魂の意思を感じて 采配をふるいます。





これからの時代は
魂の生きたいように生きる時代になっていくのですね。




自我があればあるほど 苦しみます。



楽になるには、
握りしめている手をゆるめることです。


抵抗しないことです。


抵抗するから苦しいのです。


握りしめている手をゆるめて、身を委ねてください。


委ねていただけたなら、わたしの想いで包みます。



案ずることはありません。



委ねてください。。。





自ら、手放そうとしなくてもよいのです。


委ねてください。


委ねるだけでよいのです。