意識違いってあります。


意識がそこに到達していないと

〜しなければならない

と頑張らなきゃいけないのだけど



意識がそこにあると


当たり前のようにできてしまうものなのです。




今は

〜しなければいけない

という考え方は良くないとされている時代のようですが



求められることが そこに到達しない場合には、

〜しなければいけない と頑張ることによって それを当たり前の水準に上げることができるのです。




だから わたしは、人を導く立場においては 〜しなければいけない と使います。



求められることを
当たり前にできるようになりたいものです。