目の前にあることに集中するって
目の前にあることだけを集中して考えることです。

常に 目の前にあることだけに頭を働かせるのです。

ダラダラ生きていたら、頭をダラダラ使うことになるのです。

テキパキ動いたら、テキパキ頭も動くのです。

自分のエゴと向き合う

例えば、観念浄化ワークでのエゴを書き出す作業は頭を働かせます。

頭は使わないと退化します。

また 頭はもともとエネルギーを使わないように出来ていますので わざわざ、頭は勝手には動かないのです。

だから わざと、頭を動かしてあげることが必要なのです。

頭を動かす作業というのは、資格試験の勉強や学生であれば学校の勉強、自分の内側と向き合うことが上げられます。

また、日々の生活での 目の前に出されたことをどうやって取り組むかを集中して考えることや計画を立てる作業などが上げられます。

ぼけ〜としている人は計画性がないものです。

それは 頭を使って生きていないからです。

頭を使うこと、頭を働かせることをしていないから ネガティブマインドになるのです。

常に頭を働かせていたら、余計なことは考えないはずなのです。

わたしが目の前に出されたこと真摯に考え、行動しましょう と発するのは、頭を使って考えなさい と言っているのです。

それがグラウディング(地球に繋がる)の秘訣です。

わたしが教えるグラウディングをすることによって 頭をうまく働かせるようにするのですが
グラウディングしなくても 自力で 頭を働かせればよいのです。

グラウディングができないと言って、目の前のことに取り組めないと言っているのは、愚問です。

グラウディングできないなら 自分で目の前に差し出されていることを取り組めばよいのです。

昨日 わたしは、あちらこちらに わたしの記事をシェアしてくださいとメールして回りました。

いつも頭を動かしている方は メールを見たら、瞬時に頭を動かして 返信をしてくださいます。

お断りされた方もいらっしゃいます。

それでも、よいのです。

瞬時に、頭を動かして何らかの行動をすることに意義があるのです。

メールを読んでも関心がない方は返信もないです。

頭がそこに働かないのです。

それは 自分の役割ではないと感じていらっしゃるのかもしれないですし、ただ関心がないのもあります。
また、わたしを信用できないのもあります。

しかし わたしは わたしが投げ掛けたメールの返答で 瞬時に相手を読み取ります。

その対応で人となりがわかります。

話しは戻します。

このように、頭を動かすことが大切なのです。

わたしがスピリチュアルな方面に長けているのは、ただ エネルギーがわかるといった類いではなく 常に頭を動かしている からだということです。

求められたら、すぐに対処をします。

すぐに!です。

わたし、仕事は早いです。

仕事が早いから、大量生産できます。

ノラクラしていません。

できないも〜ん と言ってる暇なく動きます。

瞬時にです。

という訓練をしているから、できるのです。

一般的に 遅い作業は左脳主導で動きます。

早く作業は右脳主導で動くのです。

スピードが増せば増すほど 右脳が動くので、ミスなく動けるのです。

そのように、頭をフル回転させるように訓練すれば 誰だってできるよ♪ということが言いたいのです。

わたしが 目の前に差し出されていることを取り組みなさい

という意味は、こういうことなのです。

精神世界も科学的に頭を動かすことも わたしからしたら同じです。

スピリチュアル的なことに関心が高い方がいらっしゃるので スピリチュアル的に書いてはいますが それでは どうもわかっていただけないので、科学的に書いてみました。

わたしがよく、グラウディング出来ていない人と形容する人は このように頭が動かない人なのでしょう。

ファンタジーの世界にどっぷり使っていたり

未だに、頭ともシッポともつかない会話しかできない人は 頭を使っていない人なのです。

よく考えればわかること!と、わたしはよく言いますが

よく考えることをしない人が多いから こんな世の中なのでしょう。

頭で考え、検証することは必要な作業です。

エネルギーに溺れていては、わからないですよ。

志しや魂の目的がある!と言われる方なら これぐらいのことができないと話しにならないです。

働かない頭を持っていても話しにならないです。

頭が働かないなら、動かすだけです。

ただ 動かすだけなのです。

しかし 自分の身体です。

大切に、メンテナンスをして使いましょう。