反省のない人は素直さと謙虚さに欠けた人です。

しかも、本人はみずからの過ちに気付きませんから何度も同じ過ちに気付きませんから何度も同じ過ちを繰り返すのです。

このような人は 常に自分中心にものごとを見、考える人ですから智恵がわかないのです。

懸命な人は 謙虚に受け止め、反省をします。
そして つぎに行うときには 前の失敗を繰り返さないように 努力をしますから 何事も順調にいくのです。

失敗に気づき、反省をすることが智恵であり 悪因を消滅させ、業力がはびこることを防ぐことになります。

二度と同じ過ちを繰り返さないように努力していくことが大切であり それが 悟りに繋がります。

その根底になるものが瞑想です。

静かに瞑想をし、自己を見つめて内省するのです。
自己を静かに反省して 悪因の根を断ちます。

そして どのように行うことが善因の種を蒔くことになるか考え 善行を積んでいくのです。