わたしが スピリチュアルにはまって右往左往を繰り返してきて 一番、大変に感じたことは 受け入れる ということでした。


『受け入れる』


この学びは とてもとても深く難しかったです。


わたしは 何でも 言葉にして自分に落としこんでいくので 受け入れる を具体的に考えていきました。



簡単に 受け入れなさい と言われたところで できるものではないのです。


『受け入れる』って 意味わかりますか?

『受け入れる』は『認める』は まったく異なりますから。


『認める』はわかりやすいのです。


認識する。

そのものを感情と切り離しありのまま、現物を見ることです。


たぶん 一般的に、『認める』を『受け入れる』と勘違いをされている方は少なくないと思います。

それは 人は変えられない と思っているからです。

実際に 人を受け入れたら 人は変わります。


認めても変わらないけれど 受け入れたら 人は変わるのです。




人は 何故、変えられるのでしょうか?


それは 自分の心そのものがねじれた状態からニュートラルな状態に変わるからです。


自分の大元、根本的な部分のねじれが矯正される、戻るからです。


人とは魂で繋がっていますから 自分の根本的な部分変われば 相手も変わるのです。



それを

『受け入れる』

と言うのです。




受け入れる ということは 自分の根本的な部分をニュートラルな状態に戻すことを言います。



要は 受け入れていない状態は 根本的な部分にねじれが生じていることを指します。


だから 根本的な部分のねじれを直した状態=受け入れている状態なのです。


わかっていただけましたか?



認めただけでは 根本的な部分のねじれは戻らないのです。


相手のねじれを認識しただけでは ただの気づきです。


自分の間違いに気づいてから、直すことをしなくては、、、、です。



それを 『受け入れる』と言います。



すなわち


『受け入れる』ということは

自分の間違いに気づき、その間違いを直すことです。



それは 相手を尊重する様を示します。



だから、尊重することは受け入れることなのです。



人を尊重しましょうね。