結局


『受け入れる』=『相手の立場になって考えて行動をする』


ということだから


受け入れたら

相手の立場になって考えて行動ができる


ということです。



だから

口先だけで 「受け入れています」 と言ったところで

相手の立場になって考えて行動をしていなければ、受け入れていない証拠です。



「受け入れる努力をします」 という言葉は
「相手の立場になって考え行動をし続けます」
という意味ですね。



覚えておきましょう。



相手を受け入れたいなら、まずは 相手の立場になって考え行動をする努力をしてくださいね。




だから まずは、『認める』ことから始めましょう。


相手の立場をまず、理解してみる ことです。



忙しく仕事をしている人がお相手なら

相手に対して、そのような認識を持つことです。


彼は忙しく仕事をしている人なんだ。

お仕事を一生懸命に頑張ってる人なんだ。

と認識を持つことです。


そして そんな方のために自分は何をすべきかを考えるのです。


考えて 考えた中で 自分の立場で自分のできることをするのです。




相手の立場になって考えて行動をするということは

相手の立場を理解した上で 自分に何ができるかを考えて実行することなのです。




相手の立場になって考えたことを
自分の立場でできる範囲で実行するのです。



自分のできる範囲で実行するのです。



自分のできる範囲ということは、見栄を張らない、無理をしない、ことを指します。



自分のできる範囲は 人それぞれです。



自分のできる範囲で相手の立場になって考えて行動をしてください。



それが 


『受け入れる』であり


本当の『奉仕』というものです。