本当の気づきというものは



わたしたちは魂で繋がっている存在だけど それぞれに個性という肉体をまとって生きていて
それぞれの立場で生きている


ということを認識することです。




それぞれの違いを認めあうことです。


違いを認めあうためには
まず 自分から心を開くことです。


心を開いて、自分は武器を持っていないことを見せるのです。


相手に自分を知ってもらうことですね。


相手に自分を知ってもらいたいなら 自ら、行動を起こすことです。


察して欲しいとエネルギーを飛ばすのではなくて 言葉や行動で自分を見せるのです。



言わなきゃ伝わらない。

正確に言わなきゃ伝わらない。


そのためには 今の自分の気持ちに気づくことです。


今の自分の気持ちに気づいたら 相手にその気持ちを伝えるのです。



伝えることに勇気が必要な場合もあるでしょう。


勇気=力です。



相手の役に立ちたい、相手に想いを伝えたいなら
力が必要です。


生きる力です。


前に進む力です。



力をつけましょう。



そのためには 今、目の前に起こることを真面目に真摯な気持ちで取り組むことです。


それにより力がつき、自分に自信がつくでしょう。