人として生まれたなら 人として楽しむことをするべきだなあ と感じます。


楽しむことをするために何かを我慢することは必要だと思いますが
なんの目標もないのに、我慢はできないと思います。



この地球に生きているということは 命があるということだから、自分の命をどう使っていくかだと思います。


命のあるうちに何か楽しみたい。


命のあるうちに学びたい。


学びたい、楽しみたいという気持ちを持つことはよいことだと思います。



学びたい、楽しみたい と思うなら、健康でいることだと思います。



病気があっては十分楽しめないし
不安があっても十分楽しめないですね。



人の役に立ちたいと考える人もいます。


人の役に立つためにも健康でいることですね。


病気になったら 今までやって来たことを制限されるかもしれないです。


できなくなることがないよう、制限されることがないよう 健康でいることですね。





間違えている方がいるかもしれないので書いておきます。


人の役に立つことって、しなければいけないことではないのです。


楽しんでできないなら、する必要はないのです。


自分が楽しめるならすればよいのです。


イヤイヤ、人の役に立つことをすることではないのです。




人の役に立ちたいと一生懸命にボランティアに精を出している人は それをすることが楽しいからしているのだと思います。

だけど 人によっては、楽しく感じられないのなら する必要はないのです。

だけど ボランティアをする側の人って ボランティアをしない人に対して厳しい目を向けます。


『何故、できないの?』


楽しくないから、という理由ではダメですか?


楽しくなかったら続かないのです。




楽しいことは続けられるのです。



だから、楽しめることをしましょう

と言われるのです。




自分の楽しいことが人の役に立つことになるのです。



人の役に立ちたい、立ちたいと思っている人は少なくないかもしれませんが 楽しいことをしましょう。



まずは 人の役に立つ立たないという基準を設けずに、自分の楽しみを持ってくださいね。