制限をして生きる という書き方自体間違っているけど あえて使います。


要は 自分を大切にする ということに尽きなあと感じています。


世のため人のためと、動くのは
自分をなおざりにして 外に出て仕事をすることではないということを指しています。



ツインというのは自分そのものなんです。

ツインが満足していないのは自分の癒しが足りていないことを指しています。


まずは 自分、
まずは ツイン
を癒してから、外に目を向けるべきだということです。


わたしはよく、ご主人と向き合わなくてもよいと話をしますが それは、ご主人よりもツインのほうが身内である、自分であるということを指しています。


ツインを癒さなきゃ、仕事はできないのです。




結局 わたしたちは、すべての人が 自分の癒しに力を入れるために生きてきているのではないのかなあ と思います。


誰か 人に癒してもらうのではなく 自分は自分で各々が癒すのです。



それをすることで 世の中が徐々に変わってくるのだと思います。




ツインの怒りやご機嫌は 本来の自分自身に対する癒しのバロメーターとして表されているのだと思います。


そう考えると ツインが居る人はわかりやすいですね。

また 夫婦仲良くしなきゃってわかりますね。






制限をして生きるという書き方は変なのですが 要は自分の癒しを重点に置いて生活してみてくださいね。


ご夫婦がツインの方は夫婦仲良くですね♪