結局、人とつるまないことだと思います。


自己成長というのは、ひとりで黙々とすることだと思います。


学校の勉強や資格試験の勉強にしても 自宅学習をいかにしているかですから。


誰かに頼っていたり、仲間仲間と仲間にすがっていては成長は出来ないと思います。


競争しあうのは良いと思います。


だけど 仲良しこよしでじゃれあっていては成長していかない。



まずは、それなりに成長してからなのです。


自己受容できるのは。


人を見下ろしてから、人と仲良くできるのです。


自分の通ってきた道だから、受け入れられるのです。


人を見下ろしてみて、人をバカにしたりするのは、まだまだ 成長できていない証拠です。


人を見下ろしてみて、自分との違いでジャッジするのは 見下ろしているのではなく、同じ位置にいる証拠です。


人を見下ろしてみるとわかるのですが 良いところがたくさん見えるものです。


良いところが見えないのは、上にいない証拠です。


人の良いところがよく見えるから、受け入れることができるし、同じ道を通ってきた自分も受け入れることができるのです。

そうやって 自己受容を深めることができるのです。




だから まず、人から離れて 黙々と自分を高めることをすることです。


人より上に立つことです。


そのためには、強い意思が必要ですね。