人を許せない気持ちの追加事項です。


内観浄化しても核みたいなものは残っている、と書きました。


この状態では あらかた自分自身は許しているのです。


許しているのですが魂は傷付いている という状態なのです。


魂は傷付いているから癒しが必要なのです。


そこで 相手からの謝罪、相手の心の入れ替えが必要なのです。


傷つけられた魂を癒すのは、相手の心底からの謝罪であり心の入れ替えなのです。



今、癒しが必要と叫ばれていますが それは傷つけた本人がわかっていなかったり心底 謝罪して心を入れ替えていないせいなのです。



だから、もし あなたが人を傷付けたのならば 必ず、謝罪して心を入れ替えてください。


そこをほおっておかないでください。


心の入れ替えをするまで は 相手の魂は傷ついたままですし、相手からの見えない矢は飛んでくるものです。


辛いよ!苦しいよ!と、相手から矢が飛んできます。


あなたが心を入れ替えるまで永遠に飛んできます。



今、そんなエネルギーが飛び交っている世の中です。