逆に 人を傷付けてしまった場合には、謝るのです。

それしかないです。


いくら 謝罪の想いを飛ばしたとしても、許されないのです。


直接、謝るのです。


そして もうしないことを誓い、相手を敬うのです。



人を傷付けたことは棚に上げて、自分が傷つけられたことばかり主張する人がいます。


恨まれて当たり前。
許されなくて当たり前です。



自分に正直になるって 傷つけられたことも傷付けたことも 同じように認めて受け入れることなのです。



自分が傷付けたのなら、自ら謝らなければ許されないのですよ。


自分が心底、謝罪して心を入れ替えなければ許されないのです。


心を入れ替えるのです。