正直者には福がある。


神様は正直な人の味方になってくださいます。


いろいろ書いてきましたが、傷つけられた人も奪われた人も 辛い気持ちを押さえこんで人を憎んだり復讐にエネルギーを注いでいる人よりも 正直に辛いよ〜っ助けてよ〜っと言える人のほうが神様は助けてくださるものなのです。


また、人に傷つけられて憎んでいる人よりも人を傷つけてしまってごめんなさいと謝る心を持つ人や人知れず善行をつんでいる人の方を神様は目をかけてくださるものなのです。



傷つけたほうが悪い!のではなくて、どこまで自分に正直に生きることができるか なのです。




人を傷付けてしまっても、後で 悔い改めて謝り、心を入れ替えて生きている人のほうが幸せでいられるのです。


いつまでも やられたことを根に持ち、恨みから逃れられない人は、心底から心は晴れないものです。


心を入れ替えて、正直に生きることで 幸せを感じる生き方ができるのだと思います。




傷つけられて相手を憎むよりも、人に傷つけられないように、配慮し行動することが大切なのです。


傷つけられて辛い想いをしたのなら 二度と傷つけられないように考えて行動することです。



それを学びと言います。



FBでは書かせていただきましたが わたしは最初の頃は、無料で視させていただいていました。


無料だと、人はぞんざいになるのです。


何でも聞いてやれ!という人もいらっしゃいました。

そこで わたしは学び、 今は有料にさせていただいてます。



自分をぞんざいに扱われて傷つけないためです。


それがわたしのプライドです。



プライドがあるなら、人を恨むのではなく 人を傷つけることなく、自分を傷つけられないために配慮し行動することです。


好きな人、癒される人とだけ過ごす毎日は それはそれで楽しいかもしれませんが それでは成長はしていけないです。


だから、外に出て社会を見るのは良いと思います。

常に、そのような緊張感ある現場に居させて学ばせていただけることをありがたいと感じています。