目の前に起きてることをこなすのは、バランスよい行動をしてることになります。


わたしたちは四六時中、立っているわけではなくて、立ったりしゃがんだりねっころがったり様々ですね。


その目線の先には 必ず、何かあるわけです。


草が生えている。

ゴミが落ちている。

りんごがなっている。

人が転んでいる。



天の神様が、まことに上手くバランス良く生きれるように配置していてくださいます。


それをひとつずつ、辿っていくと おのずと自分の目的に辿り着くわけです。

しかし 目の前にありながらまたぐと、結果 後戻りしなくちゃいけなくなります。


その目線の先に、ちゃんとやるべきことを置いておいてくださいます。


神様って親切なの。


でも その親切心に気付かないでいるから 迷うのよ。


『気付く』


気付く レベルの意識状態でいることが大切なのです。


気付かない レベルの意識状態で居続けるから、寂しいし辛いし、ワケわかんなくなっちゃうの。



だから 目の前にあることがわからないんだったら、『気付く』レベルの意識状態になることです。


一番のお勧めは、お風呂に入ること♪

身を清めることですね。
波動を上げると言います。


でも 波動を上げて、頭が上がってると 目線は上しか見えません。


波動を上げて、気持ちよすぎてふんぞり返っている状態ですね。



だから 頭の位置が重要なのです。



わたしは 頭の置き方を教えます。
それがグラウディングですね。


グラウディングをして頭の位置を定めて、『気付く』レベルの意識状態にいることが基本姿勢です。


グラウディングができてくると 頭がユラユラしなくなりますよ。


軸があるからユラユラしません。


人によっては 気付く領域にいながら頭だけユラユラしている人、軸はあるけど気付く領域にいない人、気付く領域にいないし軸もない人と様々です。


それを調整していくだけですよ〜