結局、自分を救ってほしい、守ってほしいと願っても 本当に自分を救い守れるのは自分自身なんだ ということに気付かないと、そこから抜け出すことは出来ないのです。


それまでは 人を頼り、親を頼るのだと思います。

本当に自立できるまでは、それでいいのだと思います。


よちよち歩きでいるのに、自立しろと言っても出来ないのです。


自立する前には、人を頼ってください。




わからないなら、まずは信頼できる人の言うことを聞いて生きるのです。


その中でヌクヌク暮らしたら、自立したくなります。


成長したくなります。


自分を試したくもなります。


その前に しっかり頼って甘えて癒されてください。


準備が出来たら旅立ちです。



中途半端に外に出ても自立したことにならないのです。