批判するだけなら誰だってできるし、正義を主張するなら誰だってできる。


そんなことはわかっている。


だけど、言わずにはいられなくなる。



それは、わたしはやるべきことはやってきたからだ。


根性もないくせに、甘えたこと言うな!と言いたい。


やるべきことやらずに、出来ない出来ないと言うな!
やるべきことやらずに、人のせいにするな!と言いたい。


人を思いやる心も持たずに、人を批判して、自分をかばってほしいとか愛してほしいとかふざけるな!



わたしはできる限りのことを尽くしてきた。


朝、夜が開ける前から氏神様に通い般若心経を唱え、そのあと家の掃除をきちんと済ませて仕事に行く。
帰ってからは、氏神様にお参りしてから家事をする。

休みの日には家事以外は内観浄化に費やす。


仕事においても家庭においても 相手の立場になって考えて受け答えをする。


殴られても蹴られても、自分の内面が表れているんだと謙虚に受け止め、殴ってきた手を抱きしめ、痛い想いをさせてごめんなさい と相手に謝った。


相手は自分の鏡なんだと、相手を受け入れてきた。


結果、人間関係は良くなり 信頼されるまでなりました。


努力せずに 人とうまくやれるはずがない。


わたしは我慢はしていない。


愛してきただけだ。


目の前の人を愛してきただけなのです。


目の前の人に真剣に接しているだけです。


誰に対しても、それは変わらない。