わたしが何故、努力ができたか


それは、ツインフレームからの愛を感じていたから。


遠く離れていても 声を聞くことができなくても ふれることもなくても 愛されていることを感じていたから。



ツインフレームの絶対的な愛を感じていたから、自分を傷つけてくる人をも愛することができるんだ。



ツインフレームの愛を感じていたら、出来ないことは何一つない。



そう確信できる。