人間の器が大きくなるということは責任が増え、責任感も増すということです。


そして、器に応じての豊かさや住まいが与えられるものです。



住まいは大きくても器が出来ていない人は、その住まいに応じての器を求められます。


住まい(器)が大きくなればなるほど、メンテナンス 維持を求められますね。

結局、メンテナンスや維持ができてこそなのです。

それが出来ないことには豊かさは入ってこないし器も大きくはならないのです。



メンテナンスや維持することはいわば、その器を持つ上での責任なのです。



小さな家に住んでいる人が大きな家に憧れて、一生懸命にお金を貯めて家を建てたとします。


住んでみて初めて、その維持費やメンテナンス費に驚くのです。

そして、それに合わせて、せっせと働き続けます。
働かなきゃ維持が出来ないからです。



自分の器以上のものを求めると、結局 働き蜂になるか破綻します。


自分の身の丈に合わない夢は無謀です。



先に器だけを大きくすると求められることも大きくなるものですね。


身の丈に合った生活をするのは基本です。



しかし この世の中、不思議なもので 身の丈以上のものを求められることもあります。


それは 将来、その器になるための修行のようなものです。


今はホント小さな器なのに、求められるものは巨大です。

挫折を繰り返しますが、何度も立ち上がり、結果 その器に育っていくのです。


このように 人はそれぞれなる器が違うものです。


今は合っていても 合わなくなると離れていきます。


器が大きくなればなるほど 最低限のメンテナンスや維持費がかかってくるものだから、シンプルに生きようとしてもシンプルではなくなってしまう場合もあります。


それは その人の持って生まれた器によるものです。



器というものは個性とも言いますし、豊かさや住まいでも現されます。



豊かになりたければ、まずは今の自分の器を知ることです。

そして、メンテナンスをしっかりとして その維持をすることが基本なのです。

そして、求められることをしっかりとこなすことです。


求められることというのはいわば基礎固めです。

基礎が出来ていない建物は崩れてしまいますね。


求められることはできること。



その人の器以上のものは求められないものです。

例外はありますが それでも、その人のなりたい器が基準となるのです。





今の世の中 責任を逃れて、小さな器で生きていく人が多いです。

分相応、自分の身の丈に合った生活をすることは基本ですが、自分を低く見積もる人も多いですね。


自分自身を軽んじて生きて楽しいのかしら?とわたし的には感じます。





自分の可能性や自分の内に秘めた力を信じて生きていきたいものですね。