この世の中は 豊かじゃない人が集まって いかに豊かになるかを模索しているんだけど、結局 豊かにはなれないんだ。


なぜかというと、頭を下げないから。


自分の豊かさがないのは、豊かさのある人との縁を切って、自分ひとりで生きようとしているからです。


だから、いつまでたっても豊かにはなれない。



豊かな人は平和で優しくて落ち着いていて温かみのある人なんだ。


でも そこには近づかない。

反発するんだよ。

自分も豊かになりたいくせに、反発する。


近寄って、豊かさも温かさももらえばいいのに、自分がその豊かさを精製したい。



根本的な豊かさがない人は自分で精製はできないのです。


だから まずは、豊かな人と繋がって、自分の根本的な部分を癒すことが大切なんだよ。



みんな、わかっていない。



根本的な豊かさを得ると人は、生かされているだけで有り難いと思えるものなのです。



それが基本です。



それがないのに、豊かさを得たいと紛争する。



豊かを知らないのに、豊かを求める。。。


求めようがないよね?



まずは 豊かさと繋がること。

繋がったら離れないこと。

離れているなら、頭を下げてでも繋がること。




豊かさは豊かだから、イヤとは言わない。

豊かさは豊かだから、すぐに許してくれる。

そういうものだよ。