結局 わたしと空ちゃんは、根源のエネルギーの扱い方が違うのかなあ と思います。


わたしは 絶えず、感じていて それを万民のために使っていきたいと思っているのに対し、空ちゃんは それをわたしたちだけの特別なものとして、自分の辛い時にそれを取り出し、それで癒す そんな感じに思えるのです。



確かに、このエネルギーは究極な何かがあるけれど 自分だけのものにしていいものでもないのです。



また わたしは それを日常的に与えることを実践しているのに対し、彼は 自分の癒しと秘密兵器として使用しているからかもしれません。


だから、いつも意見の相違があるのです。



日常的に与えているためには、常に一緒にいた方が効率がよいのですが、彼の場合は違うから。。。



彼が彼の仕事で忙しいときには、わたしはわたしでそのエネルギーを精製しなくてはなりません。

だから、わたしは動き回ることもあります。



このエネルギーは、色で言うと レインボーで、一色なくてもレインボーにならないから、足りない色をわたしが補充するのです。


今の空ちゃんは ただのジジ色で 何の魅力も感じられません。


だから、興味がわかないのです。



結局 ツインというのは、人ではなくて 魂=エネルギーだなっと強く思います。