人は、不自由があって良いのだと思います。

ひとりが楽と あまりに自由過ぎると、人は他者と過ごすことすら不自由と考えるものです。

不自由があって 学びがあり成長できます。
また、感謝できるのだと思います。