どんな人生を生きてもそれは自己責任だと言われます。


今は、情報の世界だから 興味を持ったことをネットで調べればすぐにわかりますし、詳しく教えてくれますね。


そのため 宇宙のことなども詳しくわかりますし、各種セミナーなども開催されています。


少しの興味で踏み込んだ世界が異次元の世界でまばゆい光を放っていたら引き込まれていきます。

観るもの聴くものすべてが不思議な世界で当然引き込まれていきます。



現実を見なさい、と言われても 幻想的な世界に圧倒されてそこから抜け出せなくなります。


そんな方にでも必ず現実は存在するのです。


現実に意識を置いていなくても現実は存在するのです。


しかし、異次元の世界に魅了された者は現実に意識を置くことが難しくなります。


しかし、確実に現実を生きている自分も存在するのです。
でも、意識を置いていないと、気づかせるために 身体にサインを送ります。


それが、病と呼ばれるものです。


気づいた時には遅かった。。。ということはよくあることです。


病気が進行してからやっと意識が現実に戻ります。


そして、身体のあることや支えてくれる家族や仲間に感謝できる自分になっていくのです。



そんな人生を選択している人が増えています。


感謝するの遅すぎではないですか?


どんな人生を歩んでも自己責任ですけど、いかにも自分や周りを考えない思いやりのない生き方だなあ とわたしは思えるのです。



わたしは年のせいか 健康が一番!が口癖です。


健康で生きていること!をモットーにしています。


風邪もひかず健康でいれさえすれば、誰かの役に立てるし悲しませることもない、と思います。


人を苦しませたり悲しませることは極力しません。


それがわたしの思いやりであり感謝して生きることだと思っています。




いろんな生き方があり、どんな人生を生きても間違いはないですが、一度 自分の生き方を振り返ってみてはいかがですか?