わたしは自分のことをサーカス村に居るどう猛なライオンだと思っています。



普段は、おとなしくオリの中に入っています。

お客さんを喜ばすのは好きだし、楽しいです。



だけど 何かのきっかけで 自分の譲れないものに危害を加えられたり、離されたりした時には、暴れます。


わたしが暴れると、物が壊れるし地震は起きるし雨風を降らせます。


雄叫びを上げ、生きている目的を失い、生命力が一気に落ちます。。。



が、そこで 神様からお叱りを受けるのです。



何をやってる!と、一喝され 周りを見渡すと、周りの者は震え上がりわたしを怖がります。


そこで わたしは反省をし、壊したものを再生し、自分の入るオリも作り、自らオリに入るのです。


自分の譲れないもの

これは、自分の気持ち次第で自分から離れたり隠れたりします。


それに翻弄されるわけですが、どう猛なライオンですから、厄介です。


以前は、サルでしたが進化してライオンまで大きくなってしまいました。



わたしは前世が人魚(カッパ)でして、見世物小屋に売られた経験があります。

そのため、晒し者にされたトラウマがまだ、残っています。

だから、無理難題を突き付けられる(自分ではそう感じる)と、キバを剥きます。




困ったものです。



わたしが怒ると、地響きがなり身体から湯気が出ます。



おとなしくしなくちゃです。


身体は小さく体力はないのですが、魂はライオンなんです。


バランスが悪いのが欠点です。