子供の魂にふれると それだけで自分の神聖さを思い出すものです。


今まで、人間社会の中で生きてからのち、結婚して 子宝に恵まれると、その魂にふれ 神聖さを思い出すようです。



魂の神秘さに感動して、神聖さを思い出していくのです。



また 最近では、北朝鮮が弾道ミサイルを打っています。


これは 実は安部首相の差し金だと噂されていますが この命の危険を感じることによっても 魂の神聖さを思い出すことに役立っています。


人々の目覚めを促進する作用があるのです。


命の危険を感じることは、魂のことを考え、魂の想い(死にたくない!)にふれることになるのです。


平和主義でボケ〜と生きていると、何らかの方法で、魂の神聖さを思い出すように導かれていくのです。


その方法は、子宝に恵まれることや地震事故が起こることやミサイルetc。。。



どんな方法で神聖さを思い出していきたいですか?




わたしたちは生まれる前に人生の青写真を決めてきます。


いつ頃、目覚めるか
神聖さを思い出すか



bestタイミングで魂の神聖さを思い出し、目覚めていくのです。




これからは特に、魂の目覚めが促進されていきます。


だけど 人生の目的によっては、目覚めていないほうが、都合がよい場合もあります。



どんな人生を歩むかは人それぞれ違います。



ある程度、やり遂げてから目覚めていくものですので 順繰りなのです。


『映画 君の名は』や『美しき緑の星 地球』であったりヒーリングを受けたり 目覚めを促進するエネルギーにふれることは、自分の人生を歩む前に目覚めを促す行為であり 人生を見失うことになりかねしないのです。



今のスピリチュアル業界に足を突っ込んでいる人は そのようになっている人が大勢います。



決めてきた自分の人生を歩むより前に目覚めてしまっては、人生を見誤るのです。



魂としては目覚めることは大切なことですが それよりも大切なことは、決めてきた人生を歩むことなのです。


そのために 魂は、自分の肉体に宿り精神に寄り添うのです。


主導権は、肉体を持つ精神にあるのです。



魂は信じています。


どんな過酷な道を歩んでも 必ず、神聖さを思い出し目覚めることを。



だから、自信を持って、人生を歩んでください。



間違って、目覚めを促進させるエネルギーにふれても わたくしがお守りします。


そのために、わたくしが存在するのです。



それが ままのままの役目の一環です。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

これで、今まで わたしが何故、ヒーリングをむやみやたらに受けないこと、映画は見ない方が良いと言い続けてきたかわかると思います。



一律に、目覚めを促進させて良いわけがない。


宇宙から注がれるエネルギーや自然エネルギー、世論によるエネルギーで十分、足りるのです。


だれが許可したのか


神の許可を受けて、エネルギーを回しているのか。。。


ヒーリングエネルギーを扱うのは宇宙の許可がいるものです。


実際は、許可を受けたものしかエネルギーは回せない。


それが宇宙の法則です。

宇宙の法則に背く行為をするものは厳重注意だけでは済まないです。


実際に決めてきた人生を棒に降って、わけのわからない横っちょの存在の片棒を担がされているだけです。


それが今のスピリチュアル業界の姿です。。。


これからは、その取り締まりも強化されるでしょう。。。



嘆かわしい。