最近では、まったくやっていないフルネーム鑑定ですが わたしがフルネーム鑑定をやろうと思ったきっかけがあります。


それは、誰もが ご先祖様の恩恵を受けて生きているんだ ということがわかったからです。


そのため ご先祖様との繋がりをまっすぐにすれば 人生はうまく歩めると気付いたからでした。



ご先祖様の繋がりをまっすぐにするのは、ご先祖供養をすることはもちろんですが、わたしのピッピ(ヒーリング)でご先祖様を叩き起こし、癒し、成仏させていけば 必ず、ご先祖様からの恩恵を受け取ることができる、と気付いたからでした。


当時のわたしは、ヒーリングができる ということではなかったのですが、エネルギーはよくわかりました。


クライアントさんやクライアントさんのご両親、そのまたご両親の名前と生年月日を紙に書いてみると ボンヤリその人がわかってきます。


そして 紙上でその方たちのエネルギーを動かし、ねじれを解き放していきます。


わたしのこの作業は、わたしの遊びの一貫なのです。


フルネーム鑑定をして差し上げる、というよりは 魂と遊ぶ。。。みたいなものです。


お手玉みたいなもので、ひとつひとつの魂というお手玉がわたしの手の中で癒されていきます。


そうやって 癒された魂は 自分の孫やそのまた親族を癒し導いていくのです。。。


だから、ご先祖様の繋がりはとても大事なのです。



今、書いていて 思い出したのですが
わたしの前世のエジプト時代では、 お手玉のように魂を癒して昇華させていました。


空ちゃんと仲良く、お手玉みたいに魂を癒し導いていましたわ。。。



最近では、まったくフルネーム鑑定をやらなくなったのですが たまにはやってみようかなあ〜


たぶん わたし(ままのまま)は、お手玉遊びをしたいのでしょう。

連日のわたしのおしゃべりには、ある共通点があります。

それは、ご先祖様の話しです。。。




この8月はご先祖様が戻ってきているため 誰もが身近で行えます。


しかし お盆だから というよりも いつでも手を合わせていればよいのです。

特別に何かをしなければいけないことはありません。



わたしは連日のおしゃべりで おしゃべりしながらその方たちのご先祖様の魂を癒していたのかもしれません。。。


納得です。



わたしの厳しいお話しを嫌な顔をしながらも 離れない人がおられます。


それは その方のご先祖様がわたしから離れたくないからなのでしょうね。



わたしのおしゃべりはまだまだ続きそうです。