もひとつ重要なことを忘れていました。


裁く心を持っていると、裁かれることを引き起こします。


ちょっとしたミスから大きなことまで幅広く引き起こします。


出来ないことがあるのも それが要因であることもありますし、周りに裁く気持ちを持っている人がいると、その影響を受けて思わぬミスや間違いを引き起こすことがありますので注意が必要です。


そのためには、許す心が重要になってきます。


相手を許す、自分を許すことが大切です。


相手を許す、自分を許すって 自分の過ちをなかったことにすることではなくて
自分の過ちを素直に認め、二度と起こさないように努力することです。


いくら 相手のエネルギーに翻弄されたからといっても ボケっとしているから、翻弄されるのです。

そのためには、地に足をつけた生活を心掛けることが大切なのです。



裁く心、裁かれること どちらにしても 許していくことがわたしたちの課題と言えるでしょう、


そのためには、自分が満たされることではないでしょうか?


自分が満たされたら相手を非難することもなくなりますし、万が一 裁かれても許すことができますね。