許すという行動を具体的に書いてみたいと思います。


許す対象ととなるものに対等になって、意識を向けることから始まります。


最初は、心がざわついたり嫌がったりもがきます。


それは、対等になれないからです。


対等になるというのは、対象ととなるものに敬意を払うことでもあります。


敬意を払うことでもあります。


敬意を払うためには、自分の方が優れているという思いをなくすことや人をジャッジする気持ちをなくすことです。

そして、決しておごり高ぶらないことなのです。

それは、自分に自信がありながら それを表には出さず、謙虚でいることなのです。


自分に自信があるから人を許すことができるのです。


だから まず、人を許せる人になるためには、自分に自信をつけることなのです。



覚えておいてくださいね。