先記事はわかりやすく表現するために 強い弱いと書き表しました。


しかし 実際には、強弱はなく それは、自分の心の中の思い込みで造られてしまうものです。


わたしが言いたいのは 人は皆、強弱という違いはないんだ ということなんです。


人それぞれ個性は違いますが 強弱、善悪という違いはないのです。


強弱善悪は人の心が決めていることです。


強いと表される人間であっても弱いと表される人間でも何かに立ち向かう心は持っているものです。


強い女、弱い女なんて存在しない。


誰もが愛される存在で守られなければならない存在なんていない。


守られなければいけないものは人としての尊厳です。