意識というものは不思議なもので、子供をお腹に宿した時点で、女は母親に変わります。


母親として自分が産み出した魂の責任が生まれるのです。



今は、子供を生まない選択をして生きておられる方も多いです。


それは 母親としての責任を卒業された方もいらっしゃいますが 母親になる責任を負うのが怖いと感じる魂もいらっしゃいます。

それは、まだ 魂が子供のままで母親を探している状態だからです。



安心という母親を探すために生まれてきています。
そのため、子供関係の仕事についている方や関心の高い方も多いのです。



わたしにもまだ、出逢っていないですが 自分の子供の魂が多くいます。



わたしは母親ですから、わたしを求めてきてくれるのは勿論、魂エネルギーが同じである空ちゃんを慕ってくる魂もいるのです。


みんなみんな、わたしの子供です。


空ちゃんを慕ってもその奥にいるわたしを求めているのですが たどり着けないのでもどかしい気持ちになります。



直接、わたしが接触できるのは我が子含めて数人です。



わたしとしては空ちゃんにくっついている魂も向かい入れたいのですが、空ちゃんがストップしています。


空ちゃんは、自分が頼られたい、守りたい人だからです。


守らなければいけないのは魂の尊厳であり個人ではないのですが そこを空ちゃんはわからないでいます。


わたしは空ちゃんの前だけ女になります。


だけど 空ちゃんはわたしに女と母親両方求めます。


空ちゃんがわたしに母親役を求めなくなってほしいです。