貧困を理由にしたり 誰かのせいにして 不真面目な大人が多いのです。



その不真面目な大人をかばう人もいる。


人のせい、〇〇〇〇のせいにして生きてる人でも お金は持っているし選挙権は持っているから そこをターゲットにして利益を得ようとしている人が多いのです。


だから、いなくならない。


でも そんな利益は残らない。


それをターゲットにして儲けたお金は残らない。

だから、儲からない。


そういう人は、信用なくても安ければ買うから、安いのです。


信用がつけられてないから安いのです。


安物買いの銭失いです。


自分がターゲットにされているとわからずに それに飛び込む大人たち。


利用されてるのに利用されてるのに気づかない。

頭を使わないからわからない。


ちょっと考えればわかることなのに、わからない人たち。


発想が貧困だから、わからないのです。



しかし いくらお金がないという貧困生活していようと 心が貧困でないなら、そのターゲットにはされないのです。


頭を使うから。


お金があっても心が貧困の人がターゲットにされるのです。



結局、心の貧困な人がうまく生きられないのです。


頭を使うことや集中力をつけることをしてきていないから。


そのまま、大人になり 子供を生んでるだけで 育て方もわからないから。


子供ができなくて不妊治療している人の中には、大人になれないだけの人もいます。


結婚できない人がいるのも同様です。



目の前に起きていることが何故、起きてるかわからずに逃げ惑うことしかできないでいる。


それは世間が悪いからでしょうか?



きちんと この世で生活をしている人もいるのです。


ただ 不真面目なだけなのです。


知らないわからないのではなく、知ろうとする努力を怠っているだけなのです。



誰もが皆、平等に 学習できる義務教育がありますし、学習施設もあります。


それを利用しないだけなのでは?と思います。